がん治療 仙台

副作用の少ないがん治療を仙台でお探しなら

医療の進歩と共にがん治療というのは大きく変わってきています。早期であれば外科手術による病巣の完全切除は根治への第一歩であり、進行がんであっても化学療法や放射線治療といった治療法は有効です。しかし残念ながら化学療法や放射線治療にも治療の限界というものはあり、副作用によって患者が苦しむという事も少なくありません。そこで最近では免疫療法が注目されています。化学療法や放射線治療とも併用でき、副作用も少ないというメリットがあります。免疫療法は新しい治療法であり提供できるクリニックが限定されています。仙台には免疫療法を行う専門医療機関と連携したクリニックがあり、質の高い治療を受けることが可能です。今の治療の効果を少しでも高める可能性があります。

副作用を減らすことに期待が持てる

がん治療といえば抗がん剤による化学療法が一般的です。とても有効な治療方法ですが副作用も強いものです。例えば投与してすぐは吐き気や嘔吐・発熱などの症状が見られ、その後も口内炎や下痢・食欲が出ないといった人も多く見られます。髪の毛が抜け落ちてしまい、外出したり人と会ったりするのを嫌がるといった副作用が出ることもあります。仙台でも受けられる免疫療法は、自身の免疫細胞を治療に使用するために副作用も少なく化学療法との相乗効果が期待できます。これにより抗がん剤の量を減らす、放射線治療の線量を下げるといった効果もあり、化学療法による苦しさを減らすことが出来るのです。がんの治療は長い時間がかかります。患者の生活の質を上げるためにもこうした多方面からの治療は大切なのです。

免疫療法を専門に行う医療機関もある

仙台駅近くには、がん治療の最前線である免疫療法や樹状細胞ワクチン療法を専門に行う医療機関もあります。治療を受けたいけれど東京まで通うことは困難、体調のことも考えてなるべくアクセスのいい場所で治療を続けたいという人におすすめです。樹状細胞ワクチン療法は正常な細胞までも攻撃してしまう化学療法とは異なり、がん細胞を狙い撃ちして攻撃できます。もともと人間が持っている免疫力の力を引き出してがん細胞を長期間抑制する効果が期待されており、他の部位に転移してしまったがん細胞にも効果があります。患者の体力を温存するがん治療は、がんと闘いながら日常の生活を取り戻すことが出来ることからQOL向上のカギともなっています。こうした治療は地方であっても受けることが出来るようになったのです。