がん治療 仙台

仙台で注目されている最新がん治療

仙台では最先端のがん治療サービスが受けられる病院が多く、東北以外の方にも利用されています。仙台駅からも近く、通いやすいのもメリットです。メールや電話で問い合わせができますので実際に治療を受ける時だけ新幹線や高速バス、飛行機を使えば時間と費用の節約になります。手術や化学療法、放射線治療など治療方法を選ぶことができるだけでなく、進行がん治療や緩和ケアのメニューも豊富です。豊富な症例実績のあるクリニックで身体的負担が少なく、機能や形態を温存した治療法を選ぶことができるため、仕事に支障のない治療法を選べるなどQQLを重視した治療を受けられます。副作用の少ない治療を受けたい、食事療法や温熱療法を試してみたいという方にもぴったりの病院が見つかります。

がん免疫療法 樹状細胞ワクチン療法

がん治療の最先端医療として注目されているのが樹状細胞ワクチン療法です。体内にもともと存在している樹状細胞に人工的に作られた抗体WT1を用いることで免疫機能を高め、がん細胞を見つけ出し、がん細胞を集中的に攻撃するという治療法です。樹状細胞の元となる細胞を取り出して置き、がんの目印をつけてワクチンとして体内へ戻すという方法で2週間に1回のペースで注射をするという治療になりますので外来通院だけで済み、転移しているがん細胞にも効果をもたらします。仙台のクリニックでは培養技術に優れていることが評判となり、全国から患者様が訪れています。自己がん細胞が確保しづらい患者様にもWT1がん抗原が利用できるため、樹状細胞ワクチン療法が可能になります。リンパ球を活性化させる活性化リンパ球療法も導入されているなど容体にあわせた治療が選べます。

第4のがん治療 有酸素運動療法・酸素療法

進行がんの細胞には毛細血管が細くて酸素がいきわたらず、化学療法の治療効果が出づらいという指摘がなされています。特に放射線治療には体内の酸素が必要となるため、酸素が少ないことはデメリットになります。体内の酸素が不足していると細胞内のミトコンドリアが活性化しづらくなりますから、エネルギーを生成しづらくなります。しかし有酸素運動を行うと体の隅々にまで酸素をいきわたらせることができるのです。がん組織の酸素濃度をあげればがん細胞の免疫システムであるマクロファージが活性化します。がん組織に酸素を送り込むことで治療効果が上がるといわれているのが酸素療法です。放射線治療や抗がん剤治療と併用することができ、免疫力を高めてがんの悪化を防いだり、再発を防いだりしてくれる働きがあります。仙台のクリニックでは調圧ルームを完備しているところが多いので気軽に利用できます。