がん治療 仙台

仙台でのがん治療の相場について

仙台でがん治療を受けることになった場合、一般的に行われている方法として外科治療としての手術、抗がん剤による化学療法、放射線治療の3つが挙げられます。これらの三つを合わせてがんの三大療法と呼んでいます。がんであることが分かり治療を始めると、やはり高額な費用が発生するため、治療費は気になるものです。さらには治療費以外にも、子供がいる家庭で両親のどちらかががんを患うことになれば特に、やはり経済的な面で心配になることが多いものです。仙台でのがん治療にかかる費用としては、個人の症状に合わせて様々な治療法を組み合わせて行われるため、一概にいくらとは言い切れないでしょう。しかしあくまでも目安としての相場をあげることは可能です。事前にどれくらいの治療費がかかるのかという目安を知っておくことも大切です。

多くのケースで手術が選択肢に入ります

仙台でがん治療を受けることになった場合、多くのケースでは手術が選択肢に入ることになります。これはがんになった部分とその周辺を手術によって取り除く方法で、がんが小さく転移などもしていない早期のうちに発見に至った場合には、手術が効果的と言えるでしょう。手術の費用としては、手術方法によってかなりの差があります。内視鏡を使った手術などの場合には30万円ほどとなりますが、胃の一部を切除するような手術となると100万円以上になることもあるでしょう。手術だけではすべてのがんを取り除くことができない場合や、手術の前に腫瘍を小さくするため、再発防止などに使われる方法が抗がん剤の投与です。抗がん剤の治療は治療計画を作って効果を見ながら繰り返されます。一つのサイクルで費用は10から100万円程度が相場といわれています。

高額医療費制度によって月の負担は抑えられます

そして手術に代わる根治療法や、そのほかに再発の予防としても使われるものが放射線治療です。これは放射線をがんに照射することによってがん細胞を破壊するという方法です。仙台で放射線のがん治療を受ける場合には、その費用は方法によっても変わります。3センチほどの小さな病巣に対して行うのであれば60万円程度が目安となりますが、場合によっては300万円程度かかる場合もあるでしょう。このようにかなりの金額がかかることがわかりますが、もしも公的保険の範囲内での治療を受けるのであれば、高額医療費制度があるために実質月9万円ほどの支払いが上限となります。しかしこれはあくまでも月9万円ということで、がんの治療は長期間になりがちだということを覚えておく必要があるでしょう。